上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
とは言うけれど。こんばんは、気候が安定しないと不満の現場監督です。

過ごし易いようなそうでないような。
移行期は難しいですね。

そんな中、まずは実験してきた手作り石鹸!

今回使用は、あとで知ったんですがいつのまにか生産中止になっていたエコナ。
発ガン性なんたらがどうとからしいですね。

ま、それはそれとして賞味期限切れの物をストックしておいたのでそれを使用。

本を見ながら手順通りつくりーの。


『材料をちょっと温めて油と水酸化ナトリウムを混ぜるだけ!』


ざっくり言うとそんな感じ。
本によるとゆっくり混ぜ、何分もよく混ざるまでかき混ぜるとのこと。
そしてトロったところで型に流し込み乾燥――


ふむふむ。

それでは混ぜてみましょう。
分量を量り、投入。

お、何やら化学変化(鹸化っていうらしい)が始まりましたよ!


ここからじんわりと――おぉおぉぉ!?


P1000925.jpg


と……とろとろ?

なワケありません。
どうしたらこうシロップソースが栗きんとんになるんですか!?

き、きっとこれから液化するんですよきっと!




――10分後。



……どうしたら栗きんとんシーチキンになるんでしょうか?


明らかに教科書とは違う出来。
分量とか温度とかそんなデータレベルの問題ではありません。
明らかに物質レベルでの問題かと。




調査の結果、エコナは特殊な材料ということで石鹸には向かない、とのことでした。
異端でした。
量産型にも向かない、かといってコスト掛けた試作機ですらない。

スクラップ――ってこと!?


と、とは言え元は油とNaOH。ポイっとはいかないのでそのまま箱詰め。



でもですね、試しに洗ってみたところ、
・泡立つ!
・油分はとれる!
・でもカサカサ!
な特徴。
一応石鹸としては機能する模様。
乾燥肌の自分には手洗い用としては厳しい。洗剤として有効とみた。

一応は成功。

で、カット。そして乾燥。

P1000927.jpg


一ヶ月後には固形石鹸――になるやらならないやら。(エコナ版は上手く固まらないとの話も)
やはりパームオイルとか専用油が欲しいなぁ。
そこはコストとの相談ですね。

さ、次回もトライトライ!!




オマケ。
どうせ固めるんならロゴでも――
P1000926.jpg
失敗。
脳内だけで描こうとするもんじゃありませんね。


オマケ2として凧について書こうと思ったんですが、長くなったのでそれはまた次回。



ん、またね。

スポンサーサイト
2010.09.21 Tue l 活動情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kamihikokihimi.blog88.fc2.com/tb.php/116-0b9b6af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。