上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
タイトルからあざとい、久々登場の委員長です。

私とてこのブログ不在の期間、何もしてなかったわけではないっ!!

それはもう忙しく仕事をし、仕事をし、狩りにいったり、へこたれ、仕事をし、へこたれ、ボランティアしたり、デートしたり、へこたれ、狩りにいったり、へこたれ、狩りにいったり、狩りにいったり、仕事をし、へこたれ、へこたら、へこたり、へこたる、へこたれば、へこたろ……

基本的に、へこたれていたというのかっっ!?
あと、狩り……ばかな………

まあ、とにかくですね、このブログは今ほぼ人に見られていないので、それをいいことに、自分の趣味を超個人的に書いてやろうではないか!という企画を、これ一回きりでやってみようと思います。独断。

エヴァンゲリヲン新劇場版:破
なわけですよ、これが、いまさらですが。
記憶が甦ってきたのですよ、現場監督の前回のブログ、
「バリアに勝てるのはバリアだけだ!」によってね。
ありがとう現場監督!

私はエヴァ破を参謀と一緒に観に行ったのですが(たぶん、記憶が正しければ一緒にいった、はず、だ)、おそらく参謀の5億倍は興奮していたはずで、帰りに松屋でトマトカレーを食べつつ語っていた時に、参謀との温度差を感じ、引いてしまったのです。あのときの私であればあのまま10時間は松屋でトマトカレーを食べながら語り続けることができたはず!でも20分くらいで出ました、ふふふ……。

エヴァ破を今風に一言で言えば、
「シンジくん肉食系男子編!ズギャーン」でございます。
個人的に一言で言えば、
「シンジくんが、惚れた女を救うため、私欲でエヴァを使っているだとおおおぉぉぉぉぉ……かっちょい…」
でございます。

シンジくんと言えば、TV版エヴァや初期劇場版ではとにかく自分のことだけでいっぱいいっぱいの超絶ナイーブ少年だったわけですが、10年以上と刻を経て、自分のやりたいことのため惚れた女が欲しいがために天文学的超高額汎用人型決戦兵器を使っちまうくらい図太い少年になっちまったわけです、これが。
まあ、みなさまいろいろな意見はおありでしょうけれど、私的には、エヴァ破は、これが全てだったわけです。

より鮮やかになった映像、おっぱいムフフな眼鏡っこ新キャラ、これでもかというほどの限界突破アニメーション、序盤5分で完全に使い切った極地戦対応エヴァンゲリヲン仮設5号機、過去を完全に塗り替える新作ストーリー…………どれもとんでもなくすげーーーーぜよっっっ!!!

ではあったのですが、私にとっては、
「シンジくんが、シンちゃんが……おっとこ前にいぃぃぃーーーー……!?!」
な物語だったわけです、『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』は。

単純に言えば、そこまであからさまにやりたいことをやっちゃえるシンジくんが羨ましかったですね。
Gガンダムで言うところの世界一恥ずかしい告白をしたドモン・カッシュ氏の、
レイイィイィィンン!!お前が欲しいいいぃぃぃいぃぃいぃ………!!!!
状態ですよ。ラスボスの前でやってましたよ、あれ。見てるこっちが恥ずかしい。

とにかく、
私が14、15歳のころ、同じようにナイーブで他人に対してATフィールドという心の壁を作っていた二次元少年は、
私が30歳になった今、好きな女のために軽々しくATフィールドを自分からぶち破っていったのでしたとさ。

制作スタッフ全員に、感謝承認。
何かを作るのであれば、あれだけやらねば、の基準ですね。
そうそう真似できませんが。

紙ヒコーキ実行委員会も、完全全力で、だらってやるぅ!!


趣味私的個人ブログこれにて完了。独断。

次回、『トップをねらえ』に続くかも。独断。
さらに次回、『トップをねらえ 2』に続くかも。独断。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 イメージ

You Tube エヴァンゲリヲン新劇場版:破

エヴァンゲリヲン新劇場版:破 公式サイト

スポンサーサイト
2010.01.29 Fri l よもやま l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kamihikokihimi.blog88.fc2.com/tb.php/77-797f9788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。